仮想通貨、NFT、DeFi、メタバース、 Web3.0、DAOの情報を発信しています。

【DeFi】Biswap(バイスワップ)とは?特徴や始め方を分かりやすく解説

あなたはDeFiのBiswap(バイスワップ)を使ったことがありますか?

DeFiは知ってるけどBiswap(バイスワップ)は知りません。
Biswapの特徴メリット、デメリットは?
始め方は?

こんな疑問にお答えします。

🔵本記事でわかる事

  • Biswap(バイスワップ)とは何か
  • Biswapのメリット、デメリット
  • Biswapの始め方

この記事を書いてる僕は、投資歴3年の薬剤師。仮想通貨(暗号資産)の投資で1000万円の利益をだしました。現在、進行中。

現在はNFT、DeFiについて勉強中です。

NFT投資家としてNFTやメタバース上の土地に投資しています。

それでは解説していきます。

 

Biswap(バイスワップ)とは

引用:Biswap公式ホームページ

BiswapBSC上のDeFiのひとつです。

ロシ

DeFiとはDecentralized Financeの略で、日本語では「分散型金融」と言います。

仮想通貨を使った新しい資産運用の方法です。

BSC

  • Binance Smart Chainの略語で海外の最大手の仮想通貨取引所Binanceが開発したイーサリアム互換のブロックチェーン
あわせて読みたい

あなたは仮想通貨の運用方法「DeFi」を知っていますか? 「DeFi」は聞いたことあるけど、詳しくわからない? 「DeFi」のメリット、デメリットは? どうやって始めたらいいの? こんな疑[…]

Biswapのメリット

Biswapのメリットは、主に以下の4つです。

  • 手数料が安い
  • BSCの取引量ランクで上位
  • 年率が高い
  • 仮想通貨BSWがもらえる

ひとつずつ解説していきます。

手数料が安い

イーサリアムネットワークのプラットフォーム上に構築されたDeFiを代表するUniSwapはガス代(手数料)が高いです。

UniSwapのガス代は仮想通貨ETH(イーサリアム)で支払います。

あわせて読みたい

あなたはイーサリアムの「ガス代」を知っていますか? DeFi、NFTを扱うとき、イーサリアムの「ガス代」がかかるんですよね。 どうして「ガス代」がかかるの? 「ガス代」は節約できるの? こんな[…]

しかし、BSCのプラットフォーム上に設計されたBiswapはガス代が安いのが特徴です。

Biswapのガス代は仮想通貨BNB(Binanceコイン)で支払います。

あわせて読みたい

あなたは、BNB(バイナンスコイン)を知っていますか? BNB(バイナンスコイン)って聞いたことあるけど、買ったことはない。 どんな仮想通貨なの? どこでBNBは買えるの? こ[…]

BSCの取引量ランクで上位

引用:DappRadar公式ホームページ

Biswapは、BSC上のDeFiの取引量ランキングで常に上位です。

取引量が多いとみんなから信用されておりハッキングなどのリスクが低いことを意味します。

ちなみに不動のランキング1位はPancakeswapです。

あわせて読みたい

あなたはpancakeswap(パンケーキスワップ)をご存じですか? PancakeSwap(パンケーキスワップ)って話題のDeFiのひとつですよね。 PancakeSwapやってみたいけど、どんな特徴がある[…]

年率が高い

Biswapの年率は高いです!

BiswapとPancakeswapの年率を比較してみましょう!

リスクの低いBNB-BUSDのペアでBiswapPancakeswapの年率を比較してみましょう!

Biswap→30%前後

Pancakeswap→20%前後

変動はありますがPancakeswapよりBiswapのほうが10%ぐらい高いですね!

仮想通貨BSWがもらえる

Biswapに仮想通貨を預けることでBSWがもらえます。

BSWはBiswapのガバナンストークンです。

ロシ

ガバナンストークンとは、DeFi等で、議決権を持ったトークンを指します。

コミュニティでなにかを決める際に、投票・変更・提案等を行う権限を持ったトークンです。

2022年3月BSWは過去最安値の0.3ドル付近まで下げましたが、仮想通貨取引所Binance上場を受けて1ドル前後まで急騰し、その後は落ち着いた値動きとなっています。

BSWのこれからの価格推移に注目しましょう!

Biswapのデメリット

Biswapのデメリットは、主に以下の3つです。

  • すべて自己責任

  • 操作を間違えたら終わり
  • バブル崩壊の危険性

ひとつずつ解説していきます。

すべて自己責任

DeFiのひとつであるBiswapで問題がおきてもすべて自己責任です!

中央集権型の銀行なら、ハッキングなどトラブルが発生したら銀行がユーザーの損失分を補償してくれると思います。

しかし、明確な運営者がいないDeFiに補償制度はないので、ハッキングされてお金がなくなっても戻ってこないでしょう。

操作を間違えたら終わり

操作を間違えたらお金は戻ってきません。

仮想通貨ウォレットの秘密鍵を紛失したり、送金の操作を間違えたら終わりです!

注意しましょう。

バブル崩壊の危険性

DeFiは誕生して数年と日が浅い市場なので優れた技術ですが、信用できるほどの実績が十分にありません

DeFiバブルが崩壊する可能性もあります。

Biswapの始め方

Biswapを始める流れを紹介します。

  1. 海外の仮想通貨取引所BinanceでBNB(Binanceコイン)を購入
  2. 仮想通貨ウォレットのMetamaskをインストール
  3. MetamaskにBSCの設定をする
  4. BNBをBSCのMetamaskに送金
  5. BiswapとMetamaskを接続
  6. Biswapで「流動性の供給」をする
  7. 収穫したBSWを複利運用

ひとつずつ解説していきます。

海外の仮想通貨取引所BinanceでBNB(バイナンスコイン)を購入

BiswapとはBSC上のDeFiのひとつです。

Biswapで手数料を支払うためにBNB(Binanceコイン)が必要ですが、国内の仮想通貨取引所ではBNBを購入できないので海外の仮想通貨取引所でBNBを購入しましょう!

オススメの海外の取引所は、最大手のBinanceです。

詳しいBinanceでBNBを購入する方法は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい

あなたは仮想通貨の取引所Binance (バイナンス) を知っていますか? Coincheckやbitflyerは知ってるけど。 Binance (バイナンス) は聞いたことない。 どんな特徴があるの? どうやって仮[…]

≫無料でBinanceの口座を開設をする(招待ID 62531414)

仮想通貨ウォレットのMetamaskをインストール

Biswapを利用するためには仮想通貨ウォレットが必要です。

ロシ

仮想通貨ウォレットとはネット上にある仮想通貨の財布です。

オススメの仮想通貨ウォレットは一番人気のMetamaskですね。

詳しいMetamaskをインストールする方法は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい

あなたはNFT、DeFiに必須。仮想通貨ウォレットMetaMask(メタマスク)を知っていますか? ウォレットは聞いたことあるけどよく分からない。 MetaMask(メタマスク)って、何が便利なの[…]

MetamaskにBSCの設定をする

BiswapはBSC上のDefiのため、MetamaskにBSCの設定をしないとBiswapを利用できません!

MetaMaskを開き、左上の「≡」ボタンをクリックして、「設定」ボタンをクリックします。

「ネットワーク」をクリックします。

「ネットワークの追加」をクリックします。

BSCのネットワークの詳細を次のように入力します。

  • ネットワーク名→Binance Smart Chain
  • RPC URL→https://bsc-dataseed.binance.org
  • チェーンID→56
  • シンボル→BNB
  • ブロック エクスプローラーのURL→https://bscscan.com

「追加」をクリックして完了です。

BNBをBSCのMetamaskに送金

Binanceにアクセスして、「人マーク」ボタンをクリックします。

「ウォレット」をクリックし、「フィアットと現物」をクリックします。

「出金」ボタンをクリックします。

通貨をBNBを選択し、アドレスはMetaMaskのアドレスをコピペしましょう。

ロシ
MetaMaskのアドレスは「0x」から始まります。

ネットワークは必ずBSCを選びます。

ロシ
「BNB」を選ばないように!

出金額を入力して、「出金」ボタンをクリックします。

BiswapとMetamaskの接続

まず、MetaMaskのアプリを開きます。

左上の「≡」マークをクリックします。

プラウザーをクリックします。

Search or Type URLの所に「biswap」 と入力します。

BiswapとMetamaskを接続します。(Connect  wallet)

「Metamask」を選びましょう。

これでBiswapとMetamaskの接続完了です。

Biswapで「流動性の供給」をする

今回は、比較的に安定した年率が狙えるBNB/BUSDを例にやっていきます。

コインの交換(Swap)

「≡」マークの「Exchange」(取引所)を選択します。

「BNB」の半分ぐらいを「BUSD」に交換(Swap)します。

コインを預けてLPトークンをもらう

「≡」マークの「Liquidity(流動性)を選択します。

「Add Liquidity +」(流動性の追加)をクリックします。

BNBとBUSDを 1:1で預けます。

ロシ
手数料の支払いにBNBが必要なのでBNBをMAX使わないでください

ファーミング(LPトークンを預ける)

「≡」マークの「Farmsを選択します。

BNB-BUSDを選択し「Enable Farm(ファーミングを可能にする)をクリックします。

「Stake LP(LPトークンをステーキングする)をクリックしてください。

Maxを預けて「Confirmをクリックします。

これでファーミング完了です。

収穫したBSWを複利運用

まず、BSWを「Harvest」(収穫)しましょう。

「≡」マークから「Launchpools「Stake BSW」を選択します。

Auto Compound「Approve BSW」を選択します。

「+」マークをクリックします。

Maxを預けて「Confirmをクリックします。

これでBSWの複利運用は完了です。

Biswapのまとめ

今回、Biswapのメリット、デメリットや始め方についてまとめました。

最後に、ここまでお伝えした内容を簡単に振り返っておきましょう。

  • BiswapはBSC上のDeFiのひとつ
  • Biswapのメリットは、「手数料が安い」、「BSC の取引量ランクで上位」、「年率が高い」、「仮想通貨BSWがもらえる」の4つ
  • Biswapのデメリットは、「すべて自己責任」、「操作を間違えたら終わり」、「バブル崩壊の可能性」の3つ
  • Biswapを始めるにはBNB(バイナンスコイン)を購入する必要がある

Biswapを始めるのに必要なのが海外の仮想通貨取引所Binanceの口座開設です。

ロシ

日本でDeFiを本気でやってるのはまだ1万人ぐらいでしょう。

Biswapで年率50%100%が期待できるのはDeFiをやってる人が少ない今だけです。

いまのうちに登録しておきましょう。

あわせて読みたい

あなたは仮想通貨の取引所Binance (バイナンス) を知っていますか? Coincheckやbitflyerは知ってるけど。 Binance (バイナンス) は聞いたことない。 どんな特徴があるの? どうやって仮[…]

≫無料でBinanceの口座を開設をする(招待ID 62531414)