仮想通貨、NFT、DeFi、メタバース、 Web3.0、DAOの情報を発信しています。

NFT、DAOでも注目。オーナーシップエコノミーを簡単に解説

NFT

あなたはオーナーシップエコノミーをご存じですか?

オーナーシップエコノミーは聞いたことない?

どういう意味なの?

NFT、DAOとどう関係しているの?

こんな疑問にお答えします。

🔵本記事でわかる事

  • オーナーシップエコノミーとは何か
  • オーナーシップエコノミーとNFT、DAOの関係

この記事を書いてる僕は、投資歴3年の薬剤師。暗号資産(仮想通貨)の投資で1000万円の利益をだしました。現在、進行中。

暗号資産(仮想通貨)で億り人になる人がいる中で、そこまですごくないと思う人がいるかも知れませんが、僕はデイトレーダーみたいにチャートはほぼ見ません。

暗号資産(仮想通貨)を勉強して、日本円より暗号資産(仮想通貨)を貯金するほうが将来、安心と考えて投資(貯金)してるだけです。

それでは解説していきます。

オーナーシップエコノミー

オーナーシップエコノミーとは

オーナーシップエコノミーとは英語でOwnership economyです。

Google翻訳で訳すると「所有経済」、つまり、「所有権がある経済」という意味です。

あなたが今、生きている世界は「所有権がある経済」でしょうか?

例えば

  • スーパーで買った野菜
  • 秋葉原で買った好きなアイドルのトレーディングカード
  • 家を建てるために買った土地

買ったものはあなたのものでしょうか?

はい。あなたのものです。あなたに所有権があります。

次の例はどうでしょう。

  • スマホゲームで課金して買ったアイテム
  • Kindleで買った電子書籍
  • iTunes Storeで購入した音楽や映画

買ったものはあなたのものでしょうか?

いいえ。100%あなたのものではありません。あなたに所有権はありません。

2018年にこのようなツイートをした人がいます。

一部を翻訳すると

ねえAppleさん、私が買った映画が3つ、iTunesのライブラリーから消えてました。

そうそう、それらはもう利用できない。購入していただきありがとうございました。お礼に映画レンタルを2本、サービスさせていただきます。

待って、何?

この人がiTunes Storeで購入した映画はこの人に所有権はなかったのです。

次に、Amazonの利用規約の一部をみてみましょう。

Kindleコンテンツは、コンテンツプロバイダーからお客様にライセンスが提供されるものであり、販売されるものではありません。

Kindleの電子書籍は販売されてるわけではないんです!

残念ながら、AppleやAmazonからデジタル商品の所有権を得ることはできません。

今、生きている世界はデジタル商品に関しては「所有権がある経済」とはいえないのです。

今のGAFA(Google、Apple、Facebook(Meta)、Amazon)が支配するWeb2.0の世界は、デジタルなものはあなたに所有権があるようでない世界なのです。

【必読】NFT、DeFiでも注目。インターネットの新常識Web3.0

これを変えようとするのがオーナーシップエコノミーです。

NFTとの関係

先程、2018年にツイートした人を救ってくれる技術が誕生しました。

それこそが「NFT」です。

NFTとはNon-Fungible Token(非代替性トークン)の略称です。

偽造することのできない唯一無二のデジタルデータ(音楽・映像・画像などを数値で表したもの)のことです。

購入する映画がNFT化されていれば、所有権をもつことができます。

近い将来、デジタル商品も所有する時代がくるでしょう。

のび太でも分かるNFT。NFTの特徴や稼ぎ方をわかりやすく解説

DAO との関係

そして、オーナーシップエコノミーが目指すさらに上の世界があります。

それは、組織、サービスそのものを「所有権がある経済」にするというものです。

今、Appleの株を買ったらAppleのオーナーになったことになります。

しかし、実際にオーナーとしてiphoneにこんな機能をつけたほうがいいとAppleに対して発言する権利はないですよね。

これを変えようというのがオーナーシップエコノミーの目指す理想像です。

この理想像を実現するのが「DAO」です。

「DAO」はDecentralized Autonomous Organizationの略語です。翻訳すると「分散型の自律した組織」です。

DAOは株式会社の未来と言われています。みんながオーナーという考え方です。

わかりやすいDAOを紹介します。

それが「Ninja DAO」です。

Ninja DAOは日本のNFT分野の第一人者のイケハヤ氏が運営するDAOです。

Ninja DAOは、イケハヤ氏が手掛けるCryptoNinjaのNFTを応援して盛り上げるために作られました。

メンバーは、CryptoNinjaの2次創作のNFTを作って、それを売って稼ぐこともできます。

また、CryptoNinjaを世に広めるための活動をみんなで考えてやっています。

イケハヤ氏が中心に運営をしていますが、Ninja DAOに参加するすべてのメンバーが平等に意見を出し会える真のDAOを目指しています。

興味のある方は無料で参加できますのでDAOの世界に触れてみてください。

コミュニティ参加はこちらから

まとめ

今回は、オーナーシップエコノミーについて解説してきました。

オーナーシップエコノミーは世界が目指すべき理想像と言えます。

そして、今現在がオーナーシップエコノミー元年といえるかもしれません。

「NFT」、「DAO」がオーナーシップエコノミー元年を象徴するものと言えるでしょう。

あなたもぜひ、「NFT」を購入し、「DAO」に参加して、「所有権がある経済」をご自分で実感してみてください。