仮想通貨、NFT、DeFi、メタバースの情報を発信しています。

【必読】NFT、DeFiでも注目。インターネットの新常識Web3.0

あなたはWeb3.0を知っていますか?

Web3.0は聞いたことあるけどよくわからない。

Web1.0、Web2.0と何が違うの?

こんな疑問にお答えします。

🔵本記事でわかる事

  • Web3.0とは何か
  • Web1.0、Web2.0とWeb3.0の違い
  • Web3.0の現在、未来(NFT、DeFiの関係性)
  • Web3.0の課題

この記事を書いてる僕は、投資歴3年の薬剤師。仮想通貨(暗号資産)の投資で1000万円の利益をだしました。現在、進行中。

現在はNFT、DeFiについて勉強中です。

NFT投資家としてNFTやメタバース上の土地に投資しています。

それでは解説していきます。

 

Web3.0とは

Web3.0とは、Web1.0・Web2.0に続くウェブサイトおよびインターネットの特徴・構造を表している概念です。

Web3.0を一言で言うと「ID、パスワードのない世界」です。

Web3.0を理解するためにWebの歴史を解説していきます。

Webの歴史

Webの歴史について

  • Web1.0
  • Web2.0

について解説していきます。

Web1.0

Web1.0とは「インターネットの誕生した時代」です。

今ではインターネットで簡単にいろんな情報を手にいれる事ができますが、インターネットが誕生した当時はそれがすごい事でした。

Web2.0

Web2.0とは、情報が発信できるだけでなく、発信を見て返答ができる。

人と人とのつながり。つまり、SNS時代」です。

また、Web1.0の時代はパソコンが必須でした。

しかし、Web2.0はスマホが普及しWeb1.0の時代より多くの人がWeb2.0を利用できるようになりました。

そのWeb2.0で存在を大きくしたのがGAFAです。

  • G→Google
  • A→Apple
  • F→Facebook(Meta)
  • A →Amazon

そして、今後もGAFAの時代は続くと言われています。

GAFAによってWeb2.0の時代は、もっと便利になっていきます。

その一例がメタバースです。

ロシ
今までスマホで人々がつながっていたのが、今後はメタバースでつながっていく未来もすぐそこかも知れません。
あわせて読みたい

あなたはメタバース(仮想空間)をご存じですか? たろう 最近、メタバースってよく聞くけど、具体的にはよくわからないな。 メタバースとNFTはどんな関係なの? 今、なぜメタバースが話題なの? […]

あなたは、このWeb2.0の時代がこれからも続くことをどう思われますか?

Web2.0は、生活を豊かにして今後も生活に欠かせないものでしょう。

しかし、Web2.0にも問題があります。

Web2.0の問題点

Web2.0の問題点は、主に以下の3つです。

  • 個人情報の悪用
  • 個人情報の流出
  • 中央集権的

ひとつずつ解説していきます。

個人情報の悪用

アメリカでは、SNSから得た個人情報を利用して選挙に影響を与えたことが問題になりました。

個人情報の流出

多くの企業から個人情報の流出のニュースが頻繁に起こっています。

中央集権的

Web2.0は中央集権的です。

一部の大きな組織によって管理されているというのが問題になっています。

中央集権の問題点

  • アメリカの元大統領のトランプさんはTwitterを使うことができなくなりました。
  • 中国では、インターネット検索で国を否定するような検索情報はでないように国が規制しています。
  • インスタグラムに投稿した作品がインスタグラムの規約に違反してると判断されると勝手に削除されます。

これらの問題を解決するのがWeb3.0です。

Web3.0の具体例

Web3.0は、すでに現在も存在しています。

Web3.0の具体例を2つ紹介しますね。

  • 分散型取引所「PancakeSwap」
  • NFTマーケットプレイス「Opensea」

ひとつずつ解説していきます。

分散型取引所「PancakeSwap」

PancakeSwapとは分散型金融(DeFi)の仮想通貨取引所です。

しかし、日本にある仮想通貨取引所のCoincheckやGMOコインとは大きな違いがあります。

PancakeSwapは、利用するのにID・パスワードが不要(会員登録が不要)です。

たろう
なぜ、ID・パスワードが不要なの?
ロシ
それは仮想通貨のウォレットがあるからです。

PancakeSwapを利用する時に、利用者は仮想通貨のウォレットを準備します。

ウォレット

  • 仮想通貨を保管する場所(財布)
あわせて読みたい

あなたは仮想通貨ウォレットMetaMask(メタマスク)の作成方法を知っていますか? いいえ。よく分からない。 MetaMask(メタマスク)って、どうやって作成するの? 初心者でも大丈夫? […]

そのウォレットとPancakeSwapを接続します。

これでウォレットのお金で取引することができます。

ロシ
ID、パスワードが不要なので個人情報の流出、悪用されることがまずありません。

そして、ウォレットがあればだれでもPancakeSwapを利用できるんです。

中央集権的に誰か特定の人がPancakeSwapを利用できなくすることはできませんね。

あわせて読みたい

あなたはpancakeswap(パンケーキスワップ)をご存じですか? PancakeSwap(パンケーキスワップ)って話題のDeFiのひとつですよね。 PancakeSwapやってみたいけど、どんな特徴がある[…]

NFTマーケットプレイス「Opensea」

Openseaを使えば世界中の人とNFTを売買できます。

Openseaもウォレットを接続するだけで利用することができます。

ID・パスワードも不要です。

あわせて読みたい

あなたは、Openseaを知っていますか? OpenseaでNFTの売買ができるんですよね。 でも、詳しくは知らない。 特徴や注意点などを知りたい。   こんな疑問[…]

Web3.0の未来

Web3.0の未来に起こる事として、主に以下の3つが考えられます。

  • SNSに対応
  • ウォレットの普及
  • データは所有者のもの

ひとつずつ解説していきます。

SNSに対応

今後、分散型のSNSが世界に広がっていくと思います。

つまり、ID、パスワードが不要でウォレットを接続するだけでtwitterなどが利用できるようになります。

ロシ

個人情報の流出、悪用もありませんし、トランプさんも利用できます。

中国で規制がかかることもありません。

あわせて読みたい

あなたは分散型ソーシャルグラフをご存じですか? 分散型はなんとなくわかる。 ソーシャルグラフって何? こんな疑問にお答えします。 🔵本記事でわかる事 分散型ソーシャルグラフとは[…]

ウォレットの普及

世界中の人がウォレットをつなぐことで誰にでも直接、お金やNFTをやりとりすることができます。

今でも世界で利用できるお金である仮想通貨の「BTC 」、「ETH」で世界中の人がやりとりしています。

ロシ
もはやドルや円でやりとりする時代も近い将来なくなるかもしれません。

Web2.0では、世界の人に銀行を経由してお金を送るので手数料などいろいろ大変です。

ウォレットがあれば銀行を経由せず相手のウォレットのアドレスに送金するだけで、銀行に手数料を払う必要もありません。

データは所有者のもの

Web3.0では、データはNFTで唯一無二のものなので所有者のものです。

Web2.0の中央集権的に、インスタグラムに投稿した作品がインスタグラムの規約に違反してると判断され勝手に削除されることもありません。

あわせて読みたい

あなたは「NFT」を知っていますか? NFTは聞いたことあるけど、詳しくはわからないな? どんな事に使われるの? 始め方は? こんな疑問にお答えします。 🔵本記事でわかる[…]

Web3.0の課題

Web3.0の課題は、主に以下の3つです。

  • 利用難易度が高い
  • 技術的な限界
  • 自己責任度が高い

ひとつずつ解説していきます。

利用難易度が高い

まだまだウォレットをもっている人が少ない。

そして、ウォレットをもっていてもひとつひとつのサービスを利用する難易度がかなり高いです。

日本語対応も少ない。ほとんど英語です。

僕もPancakeSwapを利用しましたが、なかなか難しかったですね。

技術的な限界

イーサリアムの手数料(ガス代)がかなり高いです。

サービスを利用する時は、手数料の値段は必ず確認してください。

また、バグも多いです。

時間を空けて利用するなどの対策が必要です。

あわせて読みたい

あなたはイーサリアムの「ガス代」を知っていますか? DeFi、NFTを扱うとき、イーサリアムの「ガス代」がかかるんですよね。 どうして「ガス代」がかかるの? 「ガス代」は節約できるの? こんな[…]

自己責任度が高い

お金を送り間違えたら100%戻ってきません。

また、ウォレットのID、パスワードを忘れたらお金を引き出せません。

まとめ

Web3.0によって、中央集権的な特定企業が個人情報を管理する時代は終わります。

ひとりひとりが本当の意味で自由に発言できる時代はすぐそこにきています。

あなたは、今回を機にPancakeSwapやOpenseaをやってみてWeb3.0の世界に一歩、足を踏みいれてみてはどうでしょうか。

きっと、Web3.0の新しい時代を実感できるでしょう。