仮想通貨、NFT、DeFi、メタバース、 Web3.0、DAOの情報を発信しています。

NFTにも参入。コインベース(Coinbase)のメリット、デメリットを徹底解説

あなたはNFTにも参入するコインベース(Coinbase)を知っていますか?

コインベース(Coinbase)は聞いたことあるけど、詳しくは知らない。
コインベースのメリット、デメリットは?
コインベースの口座を開設する方法は?

こんな疑問にお答えします。

🔵本記事でわかる事

  • コインベースとは何か
  • コインベースのメリット、デメリット
  • コインベースの口座を開設する方法

この記事を書いてる僕は、投資歴3年の薬剤師。仮想通貨(暗号資産)の投資で1000万円の利益をだしました。現在、進行中。

現在はNFT、DeFiについて勉強中です。

NFT投資家としてNFTやメタバース上の土地に投資しています。

それでは解説していきます。

コインベース(Coinbase)とは

引用:コインベース

コインベース(Coinbase)はアメリカ・サンフランシスコで設立された米国最大の仮想通貨取引所で、現在世界100カ国以上でサービスを展開しています。

2021年8月に日本でも取引サービスを開始しました。

コインベースのメリット

コインベースのメリットは、主に以下の3つです。

  • コインベースNFT
  • コインベースウォレット
  • ナスダック(NASDAQ)へ上場

ひとつずつ解説していきます。

コインベースNFT

引用:コインベースNFT

コインベースは4月20日、NFTのマーケットプレイス(ベータ版)のコインベースNFTを開始しました。

コインベースNFTは、SNS的な要素がありユーザーは他のアカウントをフォローしたりお互いの投稿に「いいね」を押す機能があります。

コインベースNFTで取り扱っている有名なNFT

  • Bored Ape Yacht Club(BAYC)
  • Mutant Ape Yacht Club(MAYC)
  • Otherdeed
  • Doodles
あわせて読みたい

あなたはNFTのBAYC(Bored Ape Yacht Club)を知っていますか? BAYCは聞いたことあるけど、詳しくは知らない。 どんな特徴があるの? 購入方法は? こんな疑問にお答えします。 🔵本[…]

コインベースウォレット

引用:コインベースウォレット

コインベースウォレットとは、コインベースが提供している仮想通貨ウォレットです。

ロシ
ウォレットとは、ネット上にある仮想通貨の財布です。

コインベースウォレットなら、仮想通貨だけでなくNFTも保有できます。

ナスダック(NASDAQ)へ上場

コインベースを提供する「Coinbase Global」は、仮想通貨取引所として初めて米国ナスダック(NASDAQ)に上場しました。

ロシ
ナスダック(NASDAQ)は、全米証券業協会が運営している株式市場の名称で、米国の代表的な株式市場の一つです。

コインベースがナスダック(NASDAQ)に上場したことは、仮想通貨業界にとても大きな一歩と言えます。

コインベースのデメリット

コインベースのデメリットは、主に以下の3つです。

  • 手数料が高い

  • 取り扱う通貨が少ない
  • レバレッジ取引ができない

ひとつずつ解説していきます。

手数料が高い

コインベースは手数料が比較的に高く仮想通貨の取引(購入・売却時)に約1.99%の取引コストが発生します。

コインチェックは取引手数料が無料でお得です。

あわせて読みたい

あなたは、NFTも買える仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)の口座を開設していますか? まだ口座開設していません。 ビットコインが買えるんですよね? どうやったら口座開設できるんですか? […]

取り扱う通貨が少ない

日本のコインベースで取引できる通貨は5つだけです。

日本のコインベースで取引できる通貨

  • ビットコイン

  • イーサリアム

  • ライトコイン

  • ビットコインキャッシュ

  • ステラルーメン

アメリカのコインベースでは取り扱い通貨数が80種類以上あります。

ロシ
日本のコインベースも少しずつ取り扱う通貨が増えていくでしょう♪

レバレッジ取引ができない

コインベースはレバレッジ取引ができません。

コインベースで大きな利益を得るには、ある程度まとまった資金を用意しなければいけません。

コインベースの口座を開設する方法

コインベースの口座を開設する方法は、以下の3ステップです。

  1. メールアドレスの認証
  2. 電話番号と個人情報の認証
  3. 本人確認書類の提出

ひとつずつ解説していきます。

メールアドレスの認証

コインベースの公式サイトにアクセスします。

「口座開設」ボタンをクリックしてください。

「氏名」、「メールアドレス」、「パスワード」を入力します。

コインベースから登録したメールアドレスにメールが届くので、メールをあけて「メールアドレスの認証」をクリックしましょう。

これでメールアドレスの認証は完了です。

電話番号と個人情報の認証

続いて、電話番号と個人情報の認証です。

スマホの電話番号を入力すると、コインベースから7桁の認証コードが送られてきます。

7桁の認証コードを入力してください。

次に、本人確認書類に記載されている「氏名」、「生年月日」、「住所」を入力しましょう。

主な資金源、投資可能な資産額などの「投資に関する情報」を入力してください。

これで電話番号と個人情報の認証は完了です。

本人確認書類の提出

最後は本人確認書類の提出です。

本人確認画面で「続ける」をクリックします。

コインベースが提携する株式会社Liquidのページに自動的に移動します。

スマホのカメラへのアクセスを確認する画面が表示されたら、本人確認書類を撮影してください。

コインベースで利用できる本人確認書類

  • 日本国政府が発行した自動車運転免許証
ロシ
マイナンバーカードやパスポートは利用できません!!

これで本人確認書類の提出が終わりました。

以上でコインベースの口座開設は終了です。

≫無料でコインベースの口座開設をする

コインベースに関するQ&A

最後に、コインベースについてよくある質問とそれに対する回答を紹介します。

  • コインベースの売買で税金はかかりますか?

  • コインベースの他にオススメの仮想通貨取引所はありますか?

ひとつずつ解説していきます。

コインベースの売買で税金はかかりますか?

仮想通貨で20万円以上の利益が出た場合は確定申告が必要になります。

ロシ
仮想通貨同士の交換も課税の対象になるので注意しましょう!

コインベースの他にオススメの仮想通貨取引所はありますか?

オススメの仮想通貨取引所は、Binanceです。

ロシ
Binanceは取引手数料が安くステーキングなどのサービスも充実しています!
あわせて読みたい

あなたは仮想通貨の取引所Binance (バイナンス) を知っていますか? Coincheckやbitflyerは知ってるけど。 Binance (バイナンス) は聞いたことない。 どんな特徴があるの? どうやって仮[…]

コインベースのまとめ

今回は、コインベースのメリット、デメリットや口座開設の方法を紹介しました。

最後に、ここまでお伝えした内容を簡単に振り返っておきましょう。

  • コインベース(Coinbase)はアメリカ・サンフランシスコで設立された米国最大の仮想通貨取引所

  • コインベースのメリットは、「コインベースNFT」、「コインベースウォレット」、「ナスダック(NASDAQ)へ上場」の3つ
  • コインベースのデメリットは、「手数料が高い」、「取り扱う通貨が少ない」、「レバレッジ取引ができない」の3つ

コインベースNFTなど今後が楽しみのコインベース!!

スマホだけでカンタンに申し込みができるので、ぜひ利用してみてください。

≫無料でコインベースの口座開設をする