仮想通貨、NFT、DeFi、メタバース、 Web3.0、DAOの情報を発信しています。

NFTで注目のデジタルアート作品とは?魅力やNFTとの関係について

NFT

あなたは、NFTで注目のデジタルアートをご存じですか?

デジタルアートは聞いたことあるけど?

NFTとの関係がよくわからない?

そもそもNFTも詳しくはわからない?

こんな疑問にお答えします。

🔵本記事でわかる事

  • デジタルアートとは何か
  • NFTとは何か
  • デジタルアートとNFTの関係性
  • デジタルアートの稼ぎ方、売買の仕方

今回は話題のNFTによって、より注目の集まるデジタルアートについてわかりやすく解説します。

あなたも未来の新しいデジタルアートの世界を体験してみてください。

デジタルアートとは?

デジタルアートとは、従来からある絵画や彫刻とは異なりコンピューターを使って作った芸術作品のことをいいます。

デジタルアートにはデジタル写真、VFX(視覚効果)、プロジェクションマッピングなど、いろんな種類があり今後も普及していくでしょう。

デジタルアートで最近、最も注目を浴びているのが「NFTアート」です。

NFTとはNon-Fungible Token(非代替性トークン)の略称です。

偽造することのできないデジタルデータ(音楽・映像・画像などを数値で表したもの)のことです。

デジタルデータは、写真などのアナログデータと違い簡単にコピーできていましたが、ブロックチェーンを使用して唯一無二のデジタルデータにしたのがNFTです。

このNFTとデジタルアートをかけあわせることで、唯一無二の本物である「NFTアート」が誕生しました。

のび太でも分かるNFT。NFTの特徴や稼ぎ方をわかりやすく解説

デジタルアートが注目される理由

今までデジタルアートが公開されても、すぐコピーされてニセモノが広まり「所有権」がはっきりしていませんでした。

しかし、NFTの登場でデジタルアートが唯一無二の存在になり、そのデジタルアートを持っている人の「所有権」が保証されるようになりました。

これによりデジタルアートの価値が一気に高まり注目されているのです。

例えばアメリカのアーティストのBeepleが作成したデジタルアートは75億円で落札されました。

デジタルアートで稼ぐには?

デジタルアートが唯一無二の存在になり、資産や投資商品としての価値がでてきています。

まだ、デジタルアートは発展途上のため、今のうちに購入することで、将来大きな利益がでる可能性があります。

デジタルアートを売買するには?

実際にデジタルアートを売買するには売買できるプラットフォームに登録する必要があります。

有名なのはOpenSeaで、75億円で落札されたBeepleのデジタルアートもあります。

日本では、NFTを利用したデジタルトレーディングカードを仮想通貨取引所であるコインチェック社が提供するCoincheck NFTで購入することができます。
無料でCoincheckは口座開設できます。

コインチェック

≫無料でCoincheckの口座開設をする

まとめ

NFTの登場でデジタルアートは唯一無二の価値が保証されました。

近い将来、デジタルアートは今とは変わった世界になっているでしょう。

あなたは今から新たなデジタルアートの世界を体験してみてはいかがでしょう。