仮想通貨、NFT、DeFi、メタバース、 Web3.0、DAOの情報を発信しています。

期間限定NFTが無料でもらえるNFTマーケット「MetaMart」とは

NFT

あなたはNFTを持っていますか?

NFTは興味はあるけどまだ持ってない。

騙されそうで買うのが怖い。

そんなあなたに今回は、期間限定NFTが無料でもらえる方法をお伝えします。

🔵本記事でわかる事
  • 無料でNFTをもらう手順
  • MetaMartとは

この記事を書いてる僕は、投資歴3年。仮想通貨(暗号資産)の投資で1000万円の利益をだしました。現在、進行中。

仮想通貨(暗号資産)で億り人になる人がいる中で、そこまですごくないと思う人がいるかも知れませんが、僕はデイトレーダーみたいにチャートはほぼ見ません。

仮想通貨(暗号資産)を勉強して、日本円より仮想通貨(暗号資産)を貯金するほうが将来、安心と考えて投資(貯金)してるだけです。

それでは解説していきます。

限定NFTが無料でもらえるキャンペーンとは

今回、限定NFTが無料で全員もらえるキャンペーンを行っているのは「MetaMart」というNFTマーケットプレイスです。

NFTとはNon-Fungible Token(非代替性トークン)の略称です。

偽造することのできない唯一無二のデジタルデータ(音楽・映像・画像などを数値で表したもの)のことです。

NFTマーケットプレイスとは、企業やクリエイターが制作したNFTを購入(一次販売)したり、ユーザー同士がそれぞれ保有しているNFTを取引(二次販売)したりすることができるプラットフォームのことです。

無料でもらえるNFT作品とは

今回もらえるNFT作品はMetaMartオリジナルのメダルNFTです。
メダルの種類は下記の4種類で、4種類のうちいずれかがもらえます。

無料でNFTをもらう手順

1)公式ツイッターをフォロー & 指定されたツイートをリツイート

MetaMartの公式ツイッターをフォローします。

下記ツイートをリツイートします。

2)キャンペーンサイトからツイッターのユーザー名とMetaMaskのアドレスを入力

キャンペーンサイトにアクセスしてツイッターのユーザー名MetaMask(メタマスク)のアドレスを入力します。

MetaMask(メタマスク)のアドレスを持っていない方は以下を参考にMetaMask(メタマスク)のアカウント作ってください。無料で作れます。

MetaMask(メタマスク)のアカウントを作成方法

まず、Google PlayApp Storeで「MetaMask」のアプリをインストールしてください。

「開始」ボタンをクリックします。

次に、「新しいウォレットの作成」をクリック

そしてパスワードの作成をします。


このパスワードはログインに必要なので、メモをとっておきましょう。

次にウォレットの保護をします。

そして、シークレットリカバリーフレーズを書き留めます。

番号とその横に12個の単語があります。

番号とシークレットリカバリーフレーズはアカウントを復元させるのに必要です。必ずメモをとっておきましょう。

「次へ」をクリックして、

先ほど書き留めたシークレットリカバリーフレーズを、順番にクリックして並べていきます。

並べ終わったら、「確認」をクリックしてください。

以上でMetaMaskの初期設定は終了です。5分でできます。

3)サービスリリース時にMetaMaskのアドレスで登録

サービスがはじまる12月2日(木)にMetaMaskのアドレスで登録します。

4)NFTゲット

これでNFTをゲットできます。

応募期間は2021年12月1日(水) 23:59 までです。

MetaMartとは

「MetaMart」とはSuishow株式会社(本社:東京都中野区、代表取締役社⻑:⽚岡夏輝)が作ったメタバース内の3Dアイテムに特化したNFTマーケットプレイスです。

メタバースとは、デジタルで構築された仮想空間の中で、人々と交流したり、サービスやコンテンツを利用したりする世界を指します。                                                      元々はアメリカのSF作家ニール・スティーブンソン氏の小説「スノウ・クラッシュ」の中の仮想空間の名称で、「メタ(超越)」と「ユニバース(宇宙)」を掛け合わせた造語です。                                                  メタバースの一番わかりやすい例が、任天堂のゲーム「あつまれ どうぶつの森」です。                                 「あつまれ どうぶつの森」は、自分の分身であるアバターを使って、村のどうぶつたちと交流したり、季節行事へ参加したり、気ままなスローライフが楽しめます。オンラインでユーザー同士で会話もできます。

MetaMartはメタバースの将来性を重視し、3Dアイテムのみを扱うという点で世界初のNFTマーケットにプレイスになります。

MetaMartの特徴

3Dレンダリング

3Dアイテムを360度から詳細に見ることができます。

レンダリングとは、何らかの抽象的なデータ集合を元に、一定の処理や演算を行って画像や映像などを生成することです。

ARビュー

所有しているNFTをARで見ることができます。

VR(Virtual Reality : バーチャルリアリティ)とは、コンピュータ上に人工的な環境を作り、時間や空間を超えてそこにいるかのような感覚を体験することができる技術です。日本語では「仮想現実」と呼ばれます。
AR(Augmented Reality : 拡張現実)とは、現実空間に付加情報を表示させ、現実世界を拡張する技術です。VRは現実世界とは別の「仮想世界」に入り込みますが、ARはあくまで「現実世界」が主体です。

他社のメタバースで利用可能

NFT購入後に3Dアイテムをダウンロードできるため、VRChatやRobloxなど他社のメタバースで利用可能です。

着せ替え機能・独自のメタバース

購入した3Dアイテムを独自のアバターに着せ替えなどをして、共有することができる機能も開発中です。将来的にはそのアバターで独自のメタバースで交流できるようにする予定です。

まとめ

今回は限定NFTが無料でもらえるキャンペーン中のNFTマーケットプレイス「MetaMart」について解説しました。

NFTをお持ちでないあなたはぜひ、今回、無料でNFTをもらってみてはいかかでしょうか?

NFTを所有するとはどういうことかを肌で実感することができます。

応募期間は2021年12月1日(水) 23:59 までなのでお早めに。

絶対に見逃せないオススメのNFTマーケットプレイスの特徴を解説