仮想通貨、NFT、DeFi、メタバース、 Web3.0、DAOの情報を発信しています。

初心者向け。メタバースに必須。スマホでアバターを作る方法を解説

あなたは自分のアバターを作ってみたいと思ったことはありませんか?

たろう
最近、メタバースが話題だしアバターを作ってみたい。
でもどうやって作ったらいいの?
スマホで作れるの?

こんな疑問にお答えします。

🔵本記事でわかる事

  • スマホでアバターを作る方法
  • メタバースとは何か

この記事を書いてる僕は、投資歴3年の薬剤師。暗号資産(仮想通貨)の投資で1000万円の利益をだしました。現在、進行中。

暗号資産(仮想通貨)で億り人になる人がいる中で、そこまですごくないと思う人がいるかも知れませんが、僕はデイトレーダーみたいにチャートはほぼ見ません。

暗号資産(仮想通貨)を勉強して、日本円より暗号資産(仮想通貨)を貯金するほうが将来、安心と考えて投資(貯金)してるだけです。

それでは解説していきます。

スマホでアバターを作る方法

スマホでアバターを作るには、アプリをダウンロードする必要があります。

一番、有名なアプリが「VRoidモバイル」です。

VRoidモバイル

「VRoidモバイル」とは、Pixivが開発したスマホで3Dのアバターを作ることができるアプリです。

VRoidモバイルの始め方

まずは、App Store/Google PlayからVRoidモバイルのアプリをダウンロードします。

「はじめる」ボタンをクリックします。

アカウントの登録をします。

「男性」、「女性」を選択します。

自分のアバターの髪型や目など顔のパーツを選択します。

服装を選択します。

これで、アバターの完成です。

メタバースとは

そもそもメタバースとはなんでしょう。

メタバースとは、デジタルで構築された仮想空間の中で、人々と交流したり、サービスやコンテンツを利用したりする世界を指します。

元々はアメリカのSF作家ニール・スティーブンソン氏の小説「スノウ・クラッシュ」の中の仮想空間の名称で、「メタ(超越)」と「ユニバース(宇宙)」を掛け合わせた造語です。

ロシ

メタバースの一番わかりやすい例が、任天堂のゲーム「あつまれ どうぶつの森」です。

「あつまれ どうぶつの森」は、自分の分身であるアバターを使って、村のどうぶつたちと交流したり、季節行事へ参加したり、気ままなスローライフが楽しめます。オンラインでユーザー同士で会話もできます。

流行に乗り遅れるな。話題のメタバースを徹底解説。NFTとの関係も。

まとめ

今回は、メタバースに必須のアバターをスマホで作る方法を解説しました。

簡単に作れますが、顔のパーツのバリエーションは豊富で細かく設定できて楽しいです。

ぜひ、あなたも自分のアバターをスマホで作ってみてください。